TOP
その準備段階では、助けてもらった家族の手伝いを、
開業してからでは手のひらを返したように、
疎ましいと感じる彼は、自分のことだけしか頭にないように

思えたからです。

開業してから家族が心配なのは、ひとりで頑張っている姿を
見るからでしょう。


手伝いが欲しい時は、黙ってやってもらい、必要でなくなれば、
嫌になる。

お店に来ても、手伝って帰る家族を、疎ましく思う。

ならば、誰か人をひとり雇うことも視野に入れて考えた
ほうが良いです。

と答えました。

しかし、彼は、人件費がかさむと言っては、それは無しだ!
と言い切りました。


家族をモノのように扱う彼は、家族が手伝うことは、
あたり前だけれど、

口出しやお客様とおしゃべりされるのは、困るならば、
一切の手伝いをして貰わず

家族にも、心配かけさせない状況を作らなければいけないでしょう。

それに、家族にたしての感謝の気持ちも無く、経営に口出し
してくるからと苛立つ彼には、営業での先が見えてしまいました。

これを改善するためには、彼の意識を変えることが一番と
考え伝えました。


今までの家族の手伝いに、まずは、お礼の言葉を述べる事が
第一です。

そして、状況をよくするためには、まず家族の心配を
取り払う言葉をちゃんと伝え感謝の言葉と同時に、
【すみませんが、もうお店には一切関わらないですください。

必ず、心配の無いように営業をひとりでして行きます。】と
宣言してしまいましょう。と伝えました。

まずは、家族でも、誰でも、関わった人には、感謝を言葉に
出していう事が、先決だからです。


これは、人と人との関わりが、その彼の持っている人柄を
表してしまうからなのです。

この事は、のちのち、お客様への対応にも、態度で
出てしまうことも考えられるからです。


傲慢な態度は、どこからでもその人を表してしまいます。


人を大事にするのは、お客様だけでは無く、家族も同じと考え、
自分の態度や発言(家族)に対しても気づかないといけません。

家族は、お客様で無いにしても、人と人とが関わる時には
同じように、接する気持ち(意識)がなければ、円満な関係は
つかめないからです。

そして、彼の曖昧な態度から心配になり、家族がお店に来る
という事に、まず気がつかなければ行けなかったのです。
開店後、思わぬ自体を招いてしまい、悩んでしまっていました。

それは、ひとりでの準備に、家族(両親や妻)が心配し、
手伝いをしてくれていたのですが、

開店前日までは、それでも、手があり助かっていたといいます。


しかし、開店してからは、ひとりでの営業を、していく
つもりでいたのが、家族は、開店以来、ずっと心配していて、
お店に顔をだしてくるし、だんだんと経営に口を
はさんで来るようになっていたそうです。


彼は、家族の手伝いと口出しに、疎ましさを
感じてきたと言います。

この状況を変えるために、家族や妻には、
店に来ないように言ったそうです。

しかし、しばらくすると、また店に来ては、今度は、
お客様と話して帰るという具合でいらだちが募って、
どうしたら良いのでしょう。というご相談でした。



【アドバイス内容】


まず、身勝手な、自分に気づいて頂くことから、
お話をさせて頂きました。

営業は、ひとりでも出来ます。

しかし、準備段階は、やはり大変な労力がいります。

その準備段階では、助けてもらった家族の手伝いを、
開業してからでは手のひらを返したように、疎ましいと
感じる彼は、自分のことだけしか頭にないように

思えたからです。

開業してから家族が心配なのは、ひとりで頑張っている姿を
見るからでしょう。


手伝いが欲しい時は、黙ってやってもらい、必要でなくなれば、
嫌になる。

お店に来ても、手伝って帰る家族を、疎ましく思う。

ならば、誰か人をひとり雇うことも視野に入れて
考えたほうが良いです。と答えました。

しかし、彼は、人件費がかさむと言っては、それは無しだ!と
言い切りました。


家族をモノのように扱う彼は、家族が手伝うことは、
あたり前だけれど、口出しやお客様とおしゃべりされるのは、
困るならば、一切の手伝いをして貰わず家族にも、
心配かけさせない状況を作らなければいけないでしょう。

それに、家族にたしての感謝の気持ちも無く、
経営に口出ししてくるからと、苛立つ彼には、営業での先が
見えてしまいました。

これを改善するためには、彼の意識を変えることが
一番と 考え伝えました。


今までの家族の手伝いに、まずは、お礼の言葉を
述べる事が第一です。

そして、状況をよくするためには、まず家族の心配を
取り払う言葉をちゃんと伝え

感謝の言葉と同時に、
【すみませんが、もうお店には一切関わらないですください。

必ず、心配の無いように営業をひとりでして行きます。】と
宣言してしまいましょう。と伝えました。

まずは、家族でも、誰でも、関わった人には、
感謝を言葉に出していう事が、先決だからです。


これは、人と人との関わりが、その彼の持っている人柄を
表してしまうからなのです。

この事は、のちのち、お客様への対応にも、態度で出て
しまうことも考えられるからです。


傲慢な態度は、どこからでもその人を表してしまいます。


人を大事にするのは、お客様だけでは無く
、家族も同じと考え、自分の態度や発言(家族)に

対しても気づかないといけません。

家族は、お客様で無いにしても、人と人とが関わる時には、
同じように、接する気持ち(意識)がなければ、
円満な関係はつかめないからです。

そして、彼の曖昧な態度から心配になり、家族がお店に来る
という事に、 まず気がつかなければ行けなかったのです。