土地につくいろいろな影響のひとつに、家を建てる前に宅地にし土を掘り起こす作業が

必ず行われますが、その土地の土には、他から運ばれてきた土を使ったり、その土地に昔から

存在する土をそのまま使う方法がありますが、土には邪気や念が入り込みやすく、

長年動かない霊的なものが憑いている事が多いのです。

日本には、多くの災害や地震、その昔には戦国時代に見る戦いの多くがあり、

それらの犠牲になった方々は多くいらっしゃいます。

それらは、日本全国どこを見ても存在し、多くの浮かばれない念を持った霊がいることもあり

必ず家を建てるときには、その土地を清めるための氏神様による地鎮祭というのを行います。

しかし、それでも、なかなか土に憑くものを払いのけることができない場合もあります。

もちろん良い土地を探す方法は難しく、霊的存在を確認できない人には特に難しい問題かもしれません。

しかし、その土地が良いか悪いかでは無く、その土地の氏神様を大切にする気持ちや、家の中に神棚や

それに近い御札を置くことで、邪悪な霊的な波動から逃れる方法はあるのです。

まずは、その土地の氏神様にご挨拶し、1年に1度は参拝に出かける気持ちを持つことが大事なのです。



スピリチュアル メッセージ  住まいの土地につく氏神様