スピリチュアル メッセージ  宇宙の法則に基づく魂
 
宇宙が誕生して約138億年前、そして地球が誕生したのが、約45億年前とされています。

宇宙誕生を創世したであろう神が、なぜ宇宙空間に森羅万象を作り出し地球誕生へと導いたのか

本当のところは、誰もわかるものではないのかも知れません。

しかし人間が誕生した背景には、神の一部とされる魂が、

この広大な宇宙空間で生まれたことは、疑う余地のない間違いのない事実であり

その神の一部とされる魂を持った私たち人間は、魂の成長を促し輪廻転生を繰り返しているとされています。

そこに意図するものがあるとするならば、なぜ人間が生まれ再生を繰り返す魂と共にあるのでしょうか?

地球生命誕生から多くの人間や動植物が生まれている地球に、大きな変化が今生まれていることは

事実で、多くのものを失いつつあります。しかしそれらを食い止めるべき大きく生まれ変わろうとしている

地球の姿があるのです。そこには多くの気づきや人間の本来持ち合わせている心が(愛)が必要とされていて

ひとりひとりの魂の向上が望まれているのです。そのために肉体を幾つも変えながら精神を向上させ

るために輪廻転生を繰り返しているのです。