満月の月光を身体いっぱい受け止めることで、人間の本来のエネルギーがそれに反応し、

活性化すると言われています。なぜなら、月も人間も宇宙とのつながりがあり、

宇宙から誕生したことからも、言えるように同じエネルギー波長が

身体の中に流れていると考えられています。

それらは、見えない宇宙生命エネルギー「プラーナ」で示されるように、見える形のものではありません。

しかし、宇宙とのつながりは、やはり、必要不可欠なことでもあるのです。


特に満月の月光は、遮るものがない状態の為、私たち人間と月とを結ぶ波長が合うため

体に影響が出る場合もありますが、宇宙とのつながりが、感じら得やすい満月の夜は一番なのです。


満月の月光は、私たち人間に、もたらす影響だけではなく、

地球全体へのエネルギーの活性化を促しているとも考えられるのです。

その為、大地や動植物を見ても、月の恩恵を受けていて、宇宙とのつながりを実感出来るでしょう。


満月の月光浴、宇宙とつながること、それは、生命維持に必要なものであると確信が持てるのです。




























                                          

                                                    スピリチュアル メッセージ  宇宙の法則に基づく魂