光の世界があるとしたら、それは、まさしく、この世の世界ではなく、あの世の世界のことなのです。

しかし、その光の世界を、垣間見ることが、出来る事があります。

それは、水晶達に宿るものから、見て取れる、光の世界です。

どこか怪しげに、異常なほどまでの、輝きを水晶が見せるとき、

それは、まさしく光の世界からの使者達が、その水晶に宿っているのです。


光の世界の住人達は、私達に、何らかのメッセージを、与えに来てくれます。

それを、読み取る事が出来るならば、心(魂)が光の世界を、垣間見ることが出来るのです。


あの世には、天国も地獄も実在してはいないのです。もし、天国や地獄が存在すると言う

意識があるならば、それは、人間自身が創りだしたもので、

自分のして来た経験から、自分を判断してしまうことから、天国や地獄が存在すると言う

妄想に走ってしまうのです。

しかし、それらを、本当に知ることになるのは、この世を去った時にしか分かりません。

その先が、まさしく、光の世界なのです。



光の世界とは〜天国も地獄もない世界